辛いいじられキャラを脱出する方法・対処法

いじられキャラは辛いものです。

毎日学校に行く度に誰かから細かいことをいじられ、しんどい思いをします。

時には心にもないことを言われ、グサリと傷付くこともあります。

いったいどうしたらいじられキャラから脱出することが出来るのでしょうか?

対処法を考えていきたいと思います。

いじられる原因は立場が弱いから

いじられる原因は、人によって立場の強さが違うからです。

よくいじられる人は、周囲よりも立場が低いことが多いです。

例えば、自分よりも年下の人に対しては、強く接することが出来ます。

これは、イメージで「年下にはアドバイス・注意は言える。何を言っても怖くない。」という心理が働いているためです。

逆に自分よりも年上であったり、学校でガツガツしている同級生に対しては何も言えなくなってしまいます。

これは、立場が上の人に対して強気に出ることが出来ないからです。

このように、人はイメージや立場によって知らないうちに順位付けをしており、人によって対応・態度を変えます。

これが、“いじり”につながっているのです。

いじられキャラから脱出するには自分を堂々と見せる

いじられキャラから脱出するためには、まず自分のイメージ・立場を上に見せることが必要です。

そのため、日頃から堂々とした態度を取る必要があります。

例えば、

  • 視線を下に向けない
  • 腕をしっかり振って歩く
  • 大きな声で話し、大きな声で笑う
  • 猫背にせず、姿勢を正す
  • まばたきの頻度を減らす

などです。

これらは見た目を変えていく対策なので、努力を重ねれば改善は可能です。

また、これらの他にも、

  • 行動力を高める
  • 意見を求められた時に自分の意見をはっきり言う
  • 人を甘やかさない

といったことをすると、周囲からのイメージが変わっていきます。

実際のところ、いじられキャラを脱却したくても周囲にはすでにイメージが定着しているため、すぐに改善することは難しいです。

そのため、少しずつ元のイメージを消していく必要があります。

時間を掛け、日頃から自分を堂々と見せる行動を続けましょう。

そうすることで、自分が気付かないうちにいじられキャラから脱却しているのです。

一度いじられやすい性格となってしまうと、次の学校に行っても社会に出てからもいじられる可能性はついて回ります。

いじられるのが嫌なら、早めに対策を始めましょう。

Sponsored Link
336×280
336×280