いじられキャラの特徴といじられやすい性格

「いつも学校に行くとみんなからいじられる…」

「俺の人生、振り返ってみるといじられ人生だった…」

「なんで俺はすぐにいじられキャラになってしまうんだろう…」

毎日いじられてばかりで上記のように悩んではいませんか?

そこで、ここではいじられてしまう人の特徴・性格を考えていきたいと思います。

いじられキャラの特徴

いじられても反応が薄い

いじられキャラのほとんどは、どんなことを言われても反応が薄いのです。

嫌なことを言われても、嫌なことをされても、それに対して正面から受け止めようとせず、反撃しません。

どんなことも吸収するのみで、発散がうまく出来ていません。

このように反応が薄いと、いじる人は「この人はいじり放題だな」と、さらにいじり行為をエスカレートさせます。

いじられても笑ってばかり

本来なら嫌なことをされれば怒るのが真っ当な感情ですが、いじられキャラは笑ってごまかすばかり。

なぜかいじってくる輩に対して、“僕は怒ってないですよ”アピールをするのです。

どうしてか?

それは、相手を気遣ってこそです。

怒ることで相手の機嫌を損ねるようなことをしたくないのです。

なぜなら、機嫌を損ねてしまうとさらにいじりがエスカレートしてしまうと考えているからです。

しかし、笑ってばかりだとさらに舐めれられる結果となり、いじり具合は増していきます。

単純に弱そう

いじられキャラは、見た目からして弱そうです。

ガリガリだったり、運動が苦手だったり。

人の印象はほとんどが見た目で決まると言われているので、他人からどう見えるかは重要なことなのです。

いじられやすい性格

他人に対して優しい性格

いじられやすい人は、基本的に他人に対して優しい人が多いです。

例えば、

  • 他人から頼まれたら断れない
  • 他人を指摘することが出来ない
  • 何でも人に合わせる

しかし、これらは優しいというより、「自分の考えがない人」「頼りない人」「優柔不断な人」に見られやすいのです。

すると、いくらでもいじる隙が出来てしまって、次第にいじられキャラが定着してしまいます。

声が小さい

声が小さい人はいじられやすい傾向にあります。

声が小さい=自信の無さの表れです。

そういった人は、周りから「弱そうだ」と見られ、いくらでもいじられるようになります。

逆の立場を考えてみてください。

もし、自分の後輩が失敗ばかりの人だったら、「もっとこうしたほうがいいよ!」と言えるでしょう。

人は、自分よりも下に見える人には強く出ることが出来ます。

その原理が“いじり”にもつながっているのです。

喜怒哀楽の起伏が小さい

いじられやすい人は、家の外では感情をほとんど出しません。

喜怒哀楽の起伏が小さいのです。

そのため、誰かからいじられてももちろん怒ることはせず…

結果として、いじる行為が蔓延し、日常化してしまうのです。

もし、いじられた時に怒っていればどうでしょうか?

いじる側としては、反撃という害が及ぶので、いじりにくくはなります。

人によってはいじりがエスカレートする可能性もあるかもしれませんが、解決に向かうためには反撃するか、徹底して逃げることが必要なのです。

Sponsored Link
336×280
336×280