お盆休みが終わり、憂鬱で悲しい気持ちになった時の対処法

お盆休みは会社勤めの社会人にとって、夏休みの一大イベントです。

しかし、そんな休日はあっという間に終わってしまいます。

お盆休みの最後の日なんかは、

「あー、明日からまた仕事が始まるのかよ…」

「嫌だ…現実に戻りたくない…」

と考えてしまい、憂鬱になることも。

ここではそんなお盆の休み明けの悲しみを対処する方法を考えていきましょう。

お盆終わりはなぜ悲しいのか?

とにかく暑い中職場に向かうのが苦痛

お盆終わりはただ仕事が始まるだけではなく、気温がとてつもなく暑いのです。

そのため、お盆中に引きこもっていた人にとっては、外に出るのが億劫になります。

朝早く起きて、汗をじわりと感じながら職場に向かうのは苦痛ですよね。

また、屋外の仕事をしている人や、外回りの営業をしている人はなおさらです。

考えただけで頭がクラクラしてきそうです…

夏バテが顕著に…

お盆休みにたくさん遊んで体力を消耗している人は、疲れが残った状態で職場に復帰する人も多いと思います。

すると、集中力・精神力を要する仕事を始めると自分が夏バテしていることに気付くのです。

「暑さで辛いよ…仕事に集中出来ない…お盆休みに戻りたい…」

しばらくの間は休みボケで仕事の効率が上がらないでしょう。

冬期休暇までが長い

会社の長期休暇と言えば、冬期休暇・ゴールデンウィーク・夏季休暇だと思います。

この中で、間が空いているのが夏季休暇と冬期休暇の間…

およそ5ヶ月も間があるので、「これから仕事の日々が長く続くのか」と思うとモチベーションが下がってしまいます。

やっぱり人との別れが寂しい

これはお盆休みに限ったことではありませんが、やはり長期休暇で出会った旧友・家族としばしのお別れをするとなると寂しいものです。

中には、次にいつ会えるか分からないような人もいるでしょう。

こうした別れには虚しさもあります。

お盆休みの悲しさを紛らわせ、仕事のやる気をアップさせる考え

お盆休みがない人もいる

お盆が終わってしまったことで悲しんでいる人がいますが、業種によってはそもそもお盆休み自体が無かった人もいるのです。

例えばメンテナンス業務などは、休みなどは関係ないことが多いです。

そうした人たちと比べれば、お盆休みの終わりを悲しめるだけ贅沢なのかもしれません。

9月にはシルバーウィークが待っている!

9月にはシルバーウィークが待っています。

  • 敬老の日
  • 国民の休日
  • 秋分の日

が連続で待ち構えており、土日とうまく組み合わさることで連休となります。

まずはこれを楽しみに、仕事のモチベーションを高めていきましょう。

同じ悲しみを抱えている人は全国にいると想像する

「お盆休みが終わっちゃった…悲しい…」

このように感じている人は全国にいるはずです。

だから、想像の中で全国の人とこの悲しさを共有しましょう。

きっと、お盆終わりで職場に向かう人の多くは内心で「仕事面倒くさい…」と思っているはずです。

そんなことを思いながら、ほどほどに頑張っていきましょう。

Sponsored Link
336×280
336×280