花火大会やお祭りデートで女性に着てほしい私服を男性目線で考える

夏には花火大会やお祭りといった季節ならではのイベントが盛りだくさんです。

好意を寄せている人や彼氏とデートすることもあるでしょう。

しかし、付き合う前であったり付き合い始めたばかりの頃は、

「浴衣と私服どちらを着ていこうか…?」

「どんな服装なら男子は喜んでくれるんだろう…?」

と、色々悩んでしまうと思います。

そこで、ここでは実際に彼女と花火大会デートをした経験などから、どんな服装なら男が喜ぶかを考えていきたいと思います。

女性には無理をしてほしくないと思う

花火大会デートやお祭りデートでは、浴衣を着てくる女性は多いです。

ただ、私なら女性に無理をしてまで浴衣を着てほしいとは思いません。

なぜなら、浴衣には“夏らしい”、“いつもと違った彼女が見れる”というメリットの他に、

  • 人の多いところでは動きづらそう
  • 歩きづらそう

というデメリットも存在するからです。

私は好きな女性と会えればそれで満足するほうなので、浴衣でも私服でもOKです。

そして、無理をしてまで浴衣を着てほしくはないと思います。

もし彼氏が「私服がいい」「私服でいいよ」と言ってくれているのなら、その通りで間違いありません。

好まれる私服と好まれない私服

私服と言えど、男性受けの良いものと、悪いものがあります。

好まれる私服

まず、私服を考える際は、

  • 花火大会
  • お祭り

であることを意識してほしいと思います。

そのため、服装は

  • スカートなど涼しげなもの(ひらひらするのが涼しげ)
  • シンプル&白色多めのフェミニン系(明るい色で夏っぽく可愛らしい)
  • シンプルなワンピース(シンプルだとその人の魅力が引き立つ)
  • レースチュニック&デニムショートパンツ(レースの透け感が涼しげ)

などなど。

ポイントは、涼しく見えるもの。夏らしく明るく見えるもの。です。

好まれない私服

続いて、男性が嫌がる服装を考えていきましょう。

花火大会・お祭りは、アクティブに歩きまわることが多いですよね。

そのため、そうした場に適していないと嫌われます。

それはズバリ、

  • 歩きづらい靴を履いている

です。

男性は女性のことを気に掛けるものなので、歩きづらそうだと「大丈夫?」と心配してしまうと同時に、「どうして歩きやすい靴を履いてこなかったのか…」と心の中で考えてしまうでしょう。

他には、やはり夏らしくない私服は好まれません。

例えば、

  • 服装のメインの色が黒・紺など暗い(見ていて暑苦しい)

です。

私は、夏の花火大会・お祭りなのに黒の服を見ると「暑そう…」と思ってしまいます。

また、花火大会・お祭りは夕方~夜がメインだと思います。

日が暮れて周囲が暗くなるんですね。

そのため、私服はなるべく明るくしてほしいなと考えてしまいます。

夏は人が元気になる季節

夏は、人が元気になる季節です。

精神疾患の人の数も、冬と夏では数が変わり、夏になると減るようです。

このように、夏は「元気」が似合う季節なんですね。

だから「カッコいい」「クール」よりも「元気いっぱい」なイメージの服を選んでみては?

Sponsored Link
336×280
336×280