自動車学校(教習所)で教官に怒られて怖い時に勇気が出る言葉

自動車学校を「怖い…」「行きたくない…」と思ってしまう人は案外多いと思います。

その理由は、怒る教官です。

技能では、少しでもミスをしてしまうと頭ごなしに怒られたり、理不尽に罵倒されることがあります。

そして、一度怖いと思ってしまうと、そのまま行けなくなってしまうことも…

いったいどうしたら良いのでしょうか?

勇気の出る言葉を考えていきたいと思います。

なぜ怒られるのか…それはあなたを思ってるから

教官が怒るのは、心の根底であなたのことを思っているからです。

もし、生徒に対して無関心であれば、怒ることなどしません。

無視をします。

ですが、教官は怒るのです。

頭ごなしにでも、理不尽にでも怒ります。

それは、

「こうしなきゃいけないのに、どうしてこの生徒は出来ないんだ!あーもどかしい!しっかり教えてやる!」

「この動作をしないと危ないんだから!もう!事故ったらどうするんだよ!」

と思っているのです。

もちろん、仕事上教えなければならない立場ではありますが、サボろうと思えばいくらでもサボれますよね。

怒られるのは誰でも嫌ですが、やはり車は命に関わる道具です。

「怒っているのは、本当は自分のことを大切に思っているからだ!」

そう思うようにしてみてはどうでしょうか?

教官はただの人間だよ

自動車学校の教官は、車の知識が豊富なだけであとは普通の人間です。

いくら怒ろうと、それがすべて正しいわけでもないのです。

変なところをやたら指摘することはありますし、人を傷付けるような言葉を浴びせることもあります。

教官はただの人間です。

そして、人間とは不完全な生き物です。

間違うこともそりゃあります。

生徒だって教官だって間違うのです。

教官は怒り方を間違えているだけです。

もし納得できない嫌な怒られ方をしたら、「この教官は怒り方・教え方が下手くそだ」と思いましょう。

嫌いな教官のせいでお金を無駄にするなんてもったいない

自動車学校に通うには、だいたい20~30万円のお金がかかります。

それなのに、嫌な教官がいるという理由で通わなくなり、期限が来てお金を無駄にしてしまうなんてもったいなさすぎます。

だからどうにか頑張ってほしいのです。

もしどうしても嫌な教官がいるなら、受付に相談してみてもいいと思います。

希望が通るかは分かりませんが、希望が通った場合は一気に道が開けます。

嫌な教官にたくさん怒られてしまった時は、泣いてもいいんです。

何度も失敗していいんです。

そして、最後まで続けてみましょう。

教習所を卒業する時のことを想像してみてください。

苦しい道を少しずつ歩み、最後の卒業検定。

自分が勉強してきたすべてを出し尽くし、結果的には合格!

ついには教習所を去ることが出来るのです。

私も教習所は嫌いでしたが、卒業すると分かった瞬間(合格と言われた時)はものすごく嬉しかったのを覚えています。

この時、「合格」と言ってくれた教官は私が一番苦手とする怖い教官でした。

ただ、最後だけは自分のことを認めてくれたんだなと感じました。

この感覚を是非、今自動車学校で奮闘している人みんなに実感してほしいです。

怖い教官は本当に嫌なものです。

もう、つらくてつらくてたまらないです。

しかし、それに耐えてください。

最後に「合格!」と言ってもらうために。

勉強キライな子が勉強を好きに!?

勉強サプリ

【対応】小学4年生~中学3年生
国数理社英が学べて月額980円は激安!
プロの講師による動画も見放題で分かりやすい!
今あるPC・タブレットですぐ始められる!
最初の1週間は無料トライアル!

教え方がヘタな学校の先生よりも分かりやすい動画で学習すれば、子供の理解も進んで自然と勉強好きに!

今日から始める!勉強サプリ/今なら1週間お試し無料

Sponsored Link
336×280
336×280