小学生・中学生の夏休みの宿題を早く終わらせる方法・コツ

夏休みは小学生・中学生にとって最高の楽しみです。

なんてったって学校に行かなくていいのですから!

しかし、その代り学校から確実に出されるのが宿題。

せっかくの休みだというのに、「勉強をしろ」というのです。

宿題があるだけで「やらないといけないのか…」と精神的苦痛を味わい、さらに長時間机に向かわなければならないので身体的苦痛を味わいます。

いったいどうしたら早く宿題を終わらせることが出来るのでしょうか?

宿題をやるかやらないか?やるなら結局手を動かすしかない!

宿題は多くの人が「やりたくない」と思っています。

しかし、その割には夏休みが終わると全員が宿題を終わらせて持ってきますよね?

これは何を意味しているかというと、夏休み中のどこかで宿題の苦しみを味わっているわけです。

そのため、結局はこなさなければいけません。

どのタイミングで宿題に取り掛かるかが重要なのです。

宿題は7月中に終わらせて精神的快楽を得よ!

私は宿題が学校から出された日から取りかかりました。

このように、なるべく早く取りかかるのがコツです。

早くから宿題をするメリットは、

  • 早く終わらせることが出来れば、残りの夏休みは遊び放題
  • 早く宿題を終わらせることで「友達よりも早く終わった!」と優越感に浸れる
  • 親に「うちの子供はなんて計画的なんだ!」と褒めてもらえる

などです。

では、どの科目から取り掛かればいいのでしょうか?

得意な科目から攻めよ!

まずは得意科目の宿題から取り掛かりましょう!

なぜなら、得意なほうがスタートダッシュが切れるからです。

スラスラと進めることが出来ます。

この時、「不得意なものを最初に終わらせたほうが楽ではないのか?」と考える人もいると思います。

しかし、不得意な科目から始めてしまうと、つまづく箇所がたくさん出てきてスムーズに進まず、すぐに気力・集中力が途切れて宿題自体が嫌になります。

得意な科目の宿題でさえ拒絶してしまう体質になってしまいます。

では得意な科目から始めるとどんな効果があるのか?

さっさと得意科目の宿題を終わらせることで爽快感を味わい、さらに「残りの宿題も終わらせてやる!」とやる気が溢れてきます。

不得意科目についても「あとはこれさえ終わらせれば自由の身だ!」と、なんとか乗り越えることが出来るのです。

まとめ

日記などは1日で終わらせるようなことは出来ませんが、終わらせられるものに関してはさっさと取り掛かったほうがいいです。

手を動かせば動かすほど、確実に終わりに近づくのです。

  1. 早い段階で宿題を始める
  2. 得意科目から始める

の順番で、宿題を撃退してしまいましょう!

そして、残りの夏休みを謳歌しましょう!

【運命の8月31日】中学生・高校生の夏休みの宿題が終わらない時の言い訳

小学生の子供の夏休みの宿題(読書感想文・自由研究)を親がやるのは良いのか?

勉強キライな子が勉強を好きに!?

勉強サプリ

【対応】小学4年生~中学3年生
国数理社英が学べて月額980円は激安!
プロの講師による動画も見放題で分かりやすい!
今あるPC・タブレットですぐ始められる!
最初の1週間は無料トライアル!

教え方がヘタな学校の先生よりも分かりやすい動画で学習すれば、子供の理解も進んで自然と勉強好きに!

今日から始める!勉強サプリ/今なら1週間お試し無料

Sponsored Link
336×280
336×280