イライラしながら子供に勉強を教えると起こる2つの弊害

親であれば、子供に勉強を教える機会は比較的多くあると思います。

例えば、算数について、分数や少数が出てきた辺りでつまづく子はいるでしょうし、中学生であれば関数があまり理解できない子もいるでしょう。

しかし、自分の子に勉強を教える時に、次第にイライラしてしまって「どうしてこんなことも理解できないの?!」「なんで何度言っても分からないの?!」と怒ってはいないでしょうか?

これは、子供にとって良くない行為です。

ここでは、イライラしながら勉強を教えることで起こる2つの弊害と、その対処法について紹介していきます。

勉強できない子供にイライラすると起こる2つの弊害

自信の喪失

時には子供を叱ることは、とても重要なことです。

しかし、勉強に関してはどうか、よく考えなければなりません。

仮に、子供がゲームばかりをして、全く勉強をしなければ、これは注意するに値します。

しかし、勉強をしていて、その途中で分からないことが出てきて、親に教えを請うている場合は別です。

子供は未知なことに対して、一生懸命解決をしようとしているのです。

それなのに、親が一方的に「どうして分からないの?!」と言ってしまうと、子供は自信を失います。

こういったことが続くとどのようになるかは、想像をすれば分かります。

【分からない】ということに対して恥じるようになり、【分からない】自分を自分自身で否定するようになります。

親としても、一生懸命教えているのにすんなり理解してくれない子供にイライラするのは仕方ありませんが、そこを我慢しなければ、子供にとって悪影響となるのです。

特に注意点としては、人格を否定してはいけないということです。

「お前は本当に何をやってもダメだな」

「こんなことも分からないなんて、馬鹿だよ」

イライラしてくるとこういったことを言ってしまいがちですが、絶対にしてはいけないことなのです。

人格を否定されると、ますます自信を無くし、また、何に対して怒られているのか分かりません。

もし注意するのなら、勉強についてのみ注意するのです。

例えば、「この部分はこうだから、○○と理解しなきゃダメなんだよ」と言うのです。

叱るにしても、子供が何に対して叱られているのか理解できるようにしましょう。

やる気の喪失

せっかく子供は勉強にやる気を出しています。

勉強は面倒くさく、「やりたくない!」と思っている子供も多いですが、それでも子供は子供なりに義務感を持って取り組んでいます。

しかし、そこでイライラして怒ってしまえば、子供は途端にやる気を無くしてしまうでしょう。

特に、「勉強が出来ないならこれから毎日ドリルを解きなさい」や「宿題は家に帰ったらすぐにしなさい」といった言葉は典型です。

こうした言葉は、子供に勉強を強制するだけではなく、親が子供を信頼していないことも伝えてしまいます。

子供に限らず人というのは、人からの信頼を喜び、それに応えるべく努力する生き物です。

仕事でもそうではないでしょうか?

多くの人は、「仕事のやりがいは何ですか?」と聞かれて、「お客様に喜んでもらえた時です」と答えます。

これは表向きの答えのように聞こえることもありますが、人には承認欲求という心理があり、人から認められたいと思っているのです。

だからこそ、親が子供を信頼するのは重要なことです。

もし子供が勉強につまづいて、なかなか乗り越えられなかったとしても、

「私は○○(子供)を信じてるよ」

「○○ならきっとできるようになる」

「○○はいつも勉強してて偉いね」

と日頃から言ってあげるようにしましょう。

そうすると、子供は自然と自分から勉強をするようになります。

親の期待に応えようと。

イライラは子供の勉強嫌いを加速させる

親がイライラしてしまうと、子供にとって勉強は親をイライラさせるものであると認識してしまいます。

本来、勉強とは分からないものを身に付けるものであるのに、分からないと親が怒ってしまう…

これが何度も続けば、子供は勉強を嫌いになってしまうのは当然のことです。

イライラを解消させるための2つの方法

親がついイライラしてしまうのは、子供が難しい問題を解けないことが原因です。

では、なぜ学校に通って勉強を学んでいるのに、解けないのでしょうか?

それは、子供にとって勉強が興味のないことであるのが1つの原因です。

興味がないから、苦痛であるし、学校の授業も集中できないのです。

親もかつては子供だった頃がありますが、そうした子供の気持ちは分かるのではないでしょうか?

だからこそ、親としては、子供に良い環境を与える必要があります。

それが、塾や通信教材、オンライン学習です。

こうしたシステムは勉強に特化しており、また、1人1人のレベルに合わせて問題を出してくれるので、つまづくことが最小限に抑えられます。

逆に学校の先生というのはどうしても、勉強以外に子供の生活に目を配ったり、部活・サークルの顧問などをしなければならず、勉強だけに付きっきりになることが出来ません。

さらに、基本的に授業の先生は1つの教科に付き1人です。

これは何を意味するかというと、その教科が得意な子も苦手な子も同じレベルの授業を受けなければならないということです。

この仕組みは学校では変えられませんが、よく考えれば非効率であることが分かります。

やはり、しっかり子供に勉強を学んでほしい場合は、親が根気よく教えるか、塾・通信教材・オンライン学習に頼ることが良いでしょう。

ちなみに、この中で私が良いと思っているのは、塾かオンライン学習です。

以下では、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介していきます。

塾は、学校のように1つの教室で、専門の先生が勉強を教えるスタイルです。

ここの良いところは、競い合う仲間がいるところです。

塾は大抵、その人のレベルに合わせて教室が分けられるので、同じクラスメイトの人たちは同じ学力です。

そのため、負けたくない気持ちが働き、積極的に勉強する意識が働きます。

また、先生も人気商売であり、いかに子供たちに勉強に興味を持ってもらい、成績を伸ばしてもらえるかで評価が変わってきます。

だからこそ、質の高い授業が受けられるのです。

ただし、塾は費用が高いところがネックです。

子供の成績アップに一役買ってくれるのですが、家計に大打撃を与えます。

そのため、経済的に少し余裕がなければ、入塾は難しいでしょう。

オンライン学習

オンライン学習というのは、最近流行り出した勉強方法です。

というのも、利用するのはパソコンやタブレット・スマホなどのデータ通信端末だからです。

まずメリットは、気軽さです。

端末を持っていればどこでも出来、従来のように紙の教材を持ち歩かなくて良いので楽です。

さらに、動画講義も充実しています。

これは、文字だけを読んで学ぶ方法とは違い、視覚・聴覚から学ぶことが出来るので、印象に残りやすくなっています。

自宅で先生が教えてくれる動画を見れるというのは、これまでにあまり無かったスタイルです。

ただし、塾や通信教材のようにサポートがないところも多いです。

分からない部分は自分で解決しなければならず、添削もないのです。

とはいっても、オンライン学習は様々なユーザーのデータを集約し、ビッグデータとして活用、その人のレベルに合った問題を出すような仕組みもあるので、効率的にレベルアップしていけます。

また、勉強をすることで育てていけるモンスターなど、ゲーム機能の採用していたり、勉強への意欲が上がるように工夫もされています。

もし、毎回子供に勉強を教える時に、イライラしてしまっては、親にとっても子供にとっても良くないことです。

親は、子供に勉強をしやすい環境を整えてあげましょう。

翔勉強サプリホームページ画像

「勉強サプリ」は小学生・中学生向けのオンライン学習で、1ヶ月一律980円と業界史上の安さを誇っています。

運営会社は大手「リクルート」

この値段ですべての教科を勉強することが出来るので、家計にも子供にも優しいです。

子供が勉強をしたら親に連絡が行く機能や、子供をやる気にさせる方法なども教えてくれるので、親子で学力アップを図れます。

私は市場にあるオンライン学習サービスをいくつか見てきましたが、勉強サプリは値段・サービス・質ともに満足のいくものでした。

公式サイト⇒【勉強サプリ】

勉強キライな子が勉強を好きに!?

勉強サプリ

【対応】小学4年生~中学3年生
国数理社英が学べて月額980円は激安!
プロの講師による動画も見放題で分かりやすい!
今あるPC・タブレットですぐ始められる!
最初の1週間は無料トライアル!

教え方がヘタな学校の先生よりも分かりやすい動画で学習すれば、子供の理解も進んで自然と勉強好きに!

今日から始める!勉強サプリ/今なら1週間お試し無料

Sponsored Link
336×280
336×280