好きすぎて辛い片想いの悩みを解決する方法と両想いになる努力

誰かをものすごく好きになり、猛烈な片思いをしている時は辛いものです。

心臓を誰かに鷲掴みされているくらい苦しいです。

何をしていてもその人のことが頭から離れないですし、「どうしたらこの気持ちを晴らせるだろうか…」と常に考えてしまいます。

いったいどうしたらこの暗い苦しみのトンネルを抜け出すことが出来るでしょうか?

その気持ちは衝動的なものだけど、決して衝動的な行動をしてはいけない

大抵の苦しい片想いは、叶いそうにないからそれだけ苦しいのです。

「この恋を叶えたいけど、どうしたらいいのか全然分からない…」

解決策が見当たらず、気持ちだけが衝動的に燃え上がります。

しかし、この時に大切なことは「冷静さ」です。

片想いしている人と自分との距離間を考えてみましょう。

  • どこかに遊びに行けるレベルですか?
  • 普通に気軽に“あなた”から話しかけられるレベルですか?
  • 機会がないと2人だけで話すことはないレベルですか?
  • ほとんど会話はないレベルですか?

親密度がそこまでないなら、絶対に衝動的にデートのお誘いをしてはいけません。

失敗して終了します。

これまで温めてきた片想いは一瞬で砕け散ります。

会話こそ大切

もうすでに仲が良ければデートは誘いやすいでしょうが、会話もままならないならまずはコミュニケーションにすべての力を注ぐべきです。

会話のチャンスがある時は、自分から発言をしましょう。

その際はなるべく素の自分を出すのです。

(気を使っていてはいつまでも相手は心を開いてくれない。まずは自分から心を開いて本音を言うように努める)

何度も会話のチャンスを重ねて、会話が少しずつ長く続くようになったら良い傾向です。

なぜなら相手も自分に対して興味を持っているということになりますから。

アイコンタクトが大切

人は相手と目が合うと「なんか気恥ずかしい」「真剣に話しているんだな」「自分に伝えようと話しているんだ」と感じます。

アイコンタクトによって強い印象が残りますし、信頼関係が生まれます。

好意を抱きます。

会話をする時はアイコンタクトをしましょう。

相手の言ったことで笑顔に!

コミュニケーションの中で大切なのが笑顔です。

相手といる時は笑顔を心掛け、さらに相手が発した言葉について笑顔で反応しましょう。

人は自分が受け入れられたら、相手のことも受け入れようと感じるものです。

そして、自分の言動で楽しんでくれたら嬉しく感じます。

「自分の存在を認めてくれている」とも思います。

相手にとって、自分という存在が居心地の良い場所となるよう努めましょう。

誰かを好きになることは素晴らしいことです。

少しでも両想いになれるチャンスを広げるために、細かなことから始めていきましょう。

そして、1度のアプローチがダメでも、ちょっとくらいは粘りましょう。

メールやLINEの返信が遅い男は脈なしなのか?心理を考えた

人混みが苦手な彼氏・彼女とのデートプランの立て方

Sponsored Link
336×280
336×280