彼氏に甘えられたい時は甘えやすい彼女になりましょう

彼氏が疲れていそうな時や、もっと頼られたい時、彼女としては彼氏に甘えてほしいと思うことがあるでしょう。

しかし、甘えるのは彼氏ですから、「彼女に甘えたい」と思ってくれなければ実現しないのです。

ではいったいどんな時に彼氏は彼女に甘えようと思うのか?

考えていきたいと思います。

男性の中には甘え上手とそうでないのがいる

まず、知っておかなければならないのが、彼氏が甘え上手かそうでないかです。

例えば、彼氏に兄・姉がいたり、彼氏自身が末っ子だったりすると、甘えて育ってきているため、比較的簡単に甘えてきます。

逆に彼氏が兄の立場で育っていると、我慢することが身に付いているため、人に甘えることを躊躇します。

さて、彼氏の家族構成を考えてどちらか考えてみましょう。

甘えやすいきっかけ作りが大切

なかなか甘えて来ない彼氏には、まず甘えやすい環境を彼女のほうから作っていくことが大切です。

少しのきっかけで彼氏の甘えのブレーキが外れて、途端に彼女のほうに歩み寄ってきます。

ではどんなことをすればいいのか?

それは、彼氏が求めていることを気を使ってすること。

例えば、彼氏が疲れているのなら肩もみやマッサージなどのスキンシップ、お茶や手作りの食べ物をさりげなく出すのも良いでしょう。

または悩んでいることを聞いて慰めてあげるなど。

彼氏の心を開かせるようなことをしたり、彼氏に「頼りたい」と思わせるような行為を取るのです。

そうすると、こうしたきっかけで彼女に甘えやすくなります。

優しい気持ちに男は惹かれる

「彼女は俺の気持ちを受け入れてくれるんだ」

そう思った瞬間に彼女が年上だろうと年下だろうと、甘えたい気持ちが芽生えます。

懐の大きいところを見せて、彼氏に甘えたいと思わせましょう。

Sponsored Link
336×280
336×280