【アイスクリーム頭痛】なぜかき氷を食べると頭痛が?原因と治し方。ならない方法について

夏になると信じられないくらい暑くなるので、誰もがかき氷を欲します。

しかし、「すぐに食べないと溶けてしまう!」と急いで食べると頭がしみるように痛くなってしまうのです。

いったいどうしてでしょうか?

頭痛の原因

三叉神経の勘違い

顔には「三叉神経」という神経が存在します。

これはどのようなものかというと、脳からの神経が途中で3つに枝分かれし、眼神経・上顎神経・下顎神経とつながっている神経です。

そして、冷たいかき氷が喉のあたりを通る時にこの三叉神経を刺激し混乱させ、脳が「頭が痛い」と勘違いしてしまうのです。

急激に血液が集まって炎症が起こる

冷たいかき氷を食べると冷えた口の中を温めようと、脳が口の周辺に急激に血液を集めます。

すると何が起こるかというと、血管の膨張。

パンパンに腫れ上がった血管は炎症を引き起こしてしまいます。

これが頭痛となっているのです。

頭痛の治し方

おでこを冷やす

頭痛を引き起こしてしまった場合、おでこを冷やすことが効果的であると言われています。

その理由は、脳に頭痛の勘違いを気付かせてあげることが出来るから。

そもそも三叉神経で「頭が痛い」と脳が勘違いしているのであれば、実際におでこを冷やしてあげることで「これが本当の冷たさだ!じゃあさっきまでのは勘違いだったのか!」と気付かせることが出来るのです。

また、血管に血液が集まり過ぎる膨張により炎症を起こしているのなら、おでこを冷やすことでその膨張を抑えることが出来ます。

ただ、この方法を行うためには冷たいものを持っている必要があります。

冷たいペットボトルを持っていなければ出来ないのです。

苦肉の策としては、冷たいかき氷をちょびっとおでこに塗りたくると良いかもしれません。

ゆっくり食べる。少しずつ食べる

これは多くの人がすでに知っていることではあると思いますが、頭痛を引き起こさないためにはかき氷をゆっくり食べることが重要です。

チビチビ食べましょう。

かき氷の豆知識

「キーン」の頭痛の名前は「アイスクリーム頭痛」

医学的な正式名称は「アイスクリーム頭痛」と言うのです。

しかし私はかき氷頭痛にしたほうがしっくりくるような気がします。

ちなみに、私はファミレスの氷たっぷりなメロンソーダでもアイスクリーム頭痛が起きます。

気温と売れ行き

アイスクリームはちょっと暑い時に食べますが、猛烈に暑い時はかき氷を食べたくなりますよね。

このように気温によって売れ行きが変わってくるのですが、その温度とは、

  • 22℃でビールが売れ始め
  • 27℃でアイスクリームが売れ始め
  • 30℃でかき氷が売れ始める

といったデータがあるのです。

さて、今年の夏もかき氷爆食いしますか!

Sponsored Link
336×280
336×280