自動車学校(教習所)に行きたくない時はどうしたらいいのか?対処法について

多くの人が持っている自動車運転免許。

しかし、この資格を取得するためにはまず自動車学校に通い、試験に合格しなければなりません。

もちろん、試験を受ける前には学科と技能が必須です。

ですが、技能でつまづく人が意外に多いと思っています。

そこで、ここでは私の経験などを踏まえ、教習所に行きたくない時の対処法を考えていきたいと思います。

自動車学校に行きたくない理由は?

まず最初に、どうして自動車学校に行きたくないと思ってしまうのでしょうか?

おそらくですが、それは教習所で嫌なことがあったからではないでしょうか?

よく聞くのが、「教官が怖い」です。

教官には色々な人がいます。

私が教習所に通っていた時は、2人厳しい教官がいました。

私が運転している時は、無駄な言葉は一切なしで不穏な空気が流れ、

  • ミスをすれば「ほら○○する!」
  • 毎回「次○○!」と命令口調

のような状態でした。

私は結構臆病な性格なので、教官が厳しいと緊張したり委縮してしまうことがありました。

いつもなら出来ることも、頭が真っ白になって必要な工程を忘れてしまうことも…

嫌な教官と技能をすると決まった時はいつも絶望を味わっていました。

1ヶ月教習所に行かないこともあった

私は途中、自動車学校に行くのが嫌で1ヶ月間サボることがありました。

免許を取るのも、もともと「取りたい!」と思っていたわけでもなく、義務感で通っていただけだったのです。

次第に意欲もなくなり、予約をするのを先延ばしにしていました。

しかし…

運転は命に関わることだから

優しい人もいましたが、厳しい教官だって同じようにいました。

ある時、思いました。

どうして厳しくするのかと…

運転は命がかかっています

自分の命を乗せ、また、免許を取れば大切な人を乗せることもあるでしょう。

私の場合は免許を取ってから彼女を乗せて、片道3時間かけて日光にデートに行ったことがありましたが、やはり集中力や注意力は必要でした。

そして、そのためにはまず、基礎をしっかりと身に付ける必要がありました。

自動車学校は自分を守るための試練でもあると思っています。

さらに他人を守るため(加害者にならないため)でもありますね。

きっと、厳しい指導のもと免許が取れたなら事故を引き起こすような運転はしなくなるでしょう。

今は嫌かもしれませんが、諦めなければ必ず上達します。

私は家で何度もイメージトレーニングをした

最初は何でも出来ないのは当たり前です。

だから、怒られても真に受けないことです。

指摘を聞く気持ちは忘れてはいけませんが、落ちこむ必要はないのです。

ミスをしてしまった部分に関しては、自分でも分かっていると思います。

なので、教科書を見ながら、実際に体を動かしてイメージトレーニングをしてみましょう。

脳と同時に体に覚えさせることが重要です。

私が教習所に通っていた時は、家で何度も反復練習をしていました。

なぜなら、怒られたくなかったからです。

そして何度も練習をしていると、意外とすんなり体は覚えてくれるものなんですよね。

そうすれば本番の技能でも、パッとするべきことが頭に浮かぶようになりました。

今までなら考え込んでしまって思い出すのに必死でしたが、そうではなくなったのです。

自動車学校が苦手な人はいると思いますが、しっかりと身に付けるためにはあまり技能の期間を空けないほうがいいと実感しました。

そして、自分でイメトレなど工夫して練習することも大切だと感じました。

最初は誰でも出来ません。

上達スピードも人それぞれですので、焦り過ぎるのも禁物です。

地道でいいではないですか。

自分が出来る範囲でベストを尽くしましょう。

勉強キライな子が勉強を好きに!?

勉強サプリ

【対応】小学4年生~中学3年生
国数理社英が学べて月額980円は激安!
プロの講師による動画も見放題で分かりやすい!
今あるPC・タブレットですぐ始められる!
最初の1週間は無料トライアル!

教え方がヘタな学校の先生よりも分かりやすい動画で学習すれば、子供の理解も進んで自然と勉強好きに!

今日から始める!スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

Sponsored Link
336×280
336×280