勉強に集中できない人はバカになれ!「まず行動」が鍵!

勉強はしなきゃいけないと分かっていても、なかなか始められません。

なぜか躊躇してしまうのです。

「勉強は疲れるんだよなぁ…」

「あ~、集中したいけど、出来そうにないわ~」

「何か集中できる勉強方法ないかなぁ」

勉強が進まない人の多くは、勉強を始める前にこのようなことを頭の中で考えます。

しかし、これがいけないのです。

勉強を始める前に余計なことを考えるから、勉強が進まず、そして集中も出来ません。

勉強をしたいと少しでも思っているのなら、まずは行動が大事!

何も考えず、ただただバカになって手を動かせば良いのです。

あなたのその思考がブレーキをかけていることに気付いているか?

勉強に集中できない人は、頭の中では「勉強が進まないから、どうにかして集中したい」と思っています。

それと同時に、勉強に集中できない人は「勉強に集中したいが、何は良い方法はないものか?」と考え過ぎてしまいます。

これがいけません。

先ほど言ったように、余計なことを考えていては、それがブレーキとなり、勉強を止めてしまうのです。

勉強に集中できないのは、あなたのその思考が原因です。

逆に言えば、その思考さえ無くしてしまえば、スムーズに勉強に取り組むことが出来ます。

何も考えず、最低限必要なものを机に開け!

「勉強に集中する方法はないのか?」と考える前に、まず勉強に必要なものを机に開いていきましょう。

これから進めたい問題集のページを開き、ノート(または紙)を横に置き、ペンを用意します。

そして、目の前にある問題のことのみを考え、解いていくのです。

ここまで来れば、あとは進めていくだけ。

とても簡単です。

では、なぜこんな簡単なことが出来ないのか?

それは、問題集やノートを開く前に余計なことを考えてしまっているからです。

「どうやったら長時間集中して勉強することが出来るんだろう?」

「ずっと座って机に向かうことが出来ないから、良い方法はないかな?」

自分の思考がすべての動作を止めてしまい、本来やるべきことにたどり着くことが出来ないのです。

いかにバカになって勉強に取り組めるかが大事!

「バカ」というのは、勉強以外のことは何も考えず、とりあえず行動を最優先にするという意味です

少しでも、「勉強したくないなぁ」や「勉強面倒くさい」と考えてはいけません。

そういった考えは、行動にブレーキをかけてしまいます。

1と2の差は少ないですが、0と1はとてつもなく大きな差です。

勉強をしないのと、勉強を少しでもスタートさせているのでは大きな差なのです。

少しでも前に進みましょう。

少しでも、ペンを動かし、問題を解いていきましょう。

たとえ問題を解くのが遅くとも、進めているだけでかなりの進歩。

勉強に集中する方法には、散歩をしたり、15分の昼寝をしたり、体を動かしたりと色々言われていますが、最も大事なのは、何も考えずにとりあえず勉強を始めることです。

さぁ、バカになって勉強に取り組みましょう。

勉強キライな子が勉強を好きに!?

勉強サプリ

【対応】小学4年生~中学3年生
国数理社英が学べて月額980円は激安!
プロの講師による動画も見放題で分かりやすい!
今あるPC・タブレットですぐ始められる!
最初の1週間は無料トライアル!

教え方がヘタな学校の先生よりも分かりやすい動画で学習すれば、子供の理解も進んで自然と勉強好きに!

今日から始める!スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

Sponsored Link
336×280
336×280